実話 お祈りするカマキリ 虐待を家裁へ訴え闘うさまと幸せになるために🍀

ステップファミリー 継母たちからの虐待 その人生とは

母子手帳がなくて授業で恥をかく

f:id:themisnoherb:20210213221005j:plain
これは小学生の頃だったか、母子手帳を用いて授業をするという場面があった。

担任教師が「次のこの時間は母子手帳を持ってくるように」と言った。

わたしは家に帰るなり、押し入れや引き出しなどを探しまわった。しかし、自分の出生にまつわるものは何ひとつとして出てこなかった。 同時に実母に関するものも何も出てこなかった。

かろうじて実父との写真が2枚ほど出てきた。

きっと、実母に関するものは実父か親族の誰かが処分したのだと思う。

家の中は血だらけでムチャクチャになるし、わたしも警察病院へ入院した。とにかく、入れ替わり立ち代わり警察や消防が出入りするような、あんなことをしたのだから忌穢れ的な感じで処分したのだろう。

家の中のあちらこちらを探し回るわたしの姿を見た継母は、いつもの 強い口調で 「あんた何してんの 」と声を荒げた。

わたしは「授業で母子手帳を使うから探してる」と答えた。継母は「そんなんわからんわ、知らんわ、おやじに聞けっ!」

※継母は実父のことをわたしのまえでは「おやじ」と呼んだ。

まぁ、予想通りの返答・対応である。

わたしは実父が帰ってくるなり 授業で母子手帳が必要だから母子手帳を出してほしいと伝えた。しかし、実父も「そんなものは知らない」という返答で母子手帳もそれの代わりになるようなものも、何も出てこなかった。

わたしは仕方なく次の授業は母子手帳なしで登校し授業に出た。

担任教師に母子手帳はないと伝えると「 あーそうやったなー」みたいな感じでそのまま軽くスルーされて授業は始まった。

他のみんなは何かを書き写したり感想を書いたり、絵を書いたりしていた。

わたしは何をすることもできなかった。その授業で何をしたのかもまったく覚えていない。

なんとなく時間が過ぎるのを待っていた、何もできないでいるわたしのことを見た周りの男子から母子手帳がない事で嫌なことを言われ、からかわれて恥をかいた。女子の友達もなんとなく冷めた目つきでわたしを見た。

これは虐待のうちには入らないかもしれないし、誰が悪いというわけでもないが実父の姿勢も継母の応対も、学校や担任教師の配慮も何もかもが問題だと考えている。

とにかくわたしには何も打つ手がないのであるから。

今はそのようなことはないのかもしれないが学校側や担任教師がほんの少し配慮をしてくれていたなら、あんな恥ずかしい思いはしなかったであろう。

こういうのも「いじめ」の原因にもなっていくのだろうと考えています。